ブータン、LCD状態解除の準備期間に入る

2018年12月15日 ニュース

 2023年12月にブータンは国連の最貧国(LDC:Least Developed Countries)のカテゴリーから卒業し、低中所得国になるであろう。

 国は2023年12月13日にLDCのカテゴリーから卒業するために、正式に5年間の準備期間に入った。

 昨日の金曜日会合で、外務大臣タンディ・ドルジ 博士がこの発展を発表した。

 12月13日に開催された第73回国連総会(UNGA)会合では、ニューヨークの国連本部におけるブータンのLDC部門からの卒業に関する経済と社会理事会の報告書を検討した。

 ブータンの卒業の決議はUNGAによって承認された。

 国連開発政策委員会は、ブータンの実効卒業日を2023年の第12次計画の終わりと整合させたいとするブータンの要求を妥当なものであると判断した。

 第12次計画中、あるいは決議採択とLDC部門卒業の間の期間に、ブータンは国連の制度の支援、二国間、地域間、多国間の開発協力と取引国の協力などを得て、国の円滑な移行戦略を準備する必要がある。

 首相タンディ・ドルジ博士は、LDCへの最終的卒業への進展を政府が歓迎すると述べた。

 「これは、ブータンの社会経済開発における成果と、開発パートナーとの実りある協力の証です」と彼は述べた。

 外相は、第12次5カ年計画はLDCとしての最後の計画であり、すべての分野における最後の挑戦に取り組み、ブータンが頑強な経済基盤を確実に築くことを保証すると語った。

 ブータンは、2015年に最初の3年ごとの審査を受ける資格を得て、2018年に再びCDPの卒業に推薦される資格を得た。

 評価は、1人当たり国の総所得(GNI)、人間資質指数(HAI)、経済脆弱性指数(EVI)の3つの基準に基づいている。

 卒業のための3つの基準の閾値は、3年間の平均に基づいて、1人当たりGNIが1,242米ドル以上であること; 66以上のHAIスコアであること;  EVIスコアが32以下であること、である。

 3つの基準のうち少なくとも2つが卒業の閾値レベルを満たしている場合、卒業資格が得られる。 また、HAIとEVIのスコアにかかわらず、1人当たりGNIが既定の閾値の少なくとも2倍を超える場合、所得のみのルールに基づいて卒業資格を得ることもできる。 卒業のために推薦されるためには、3回の連続した2回の審査で資格を得る必要がある。

これは何を意味するか?

 昨年11月の国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)のラウンドテーブル会議で、ブータンは卒業の出口のところにあり、より多くの利益を得るであろうと、関係者は述べた。

 途上国が卒業するとき、過渡期に失う要素は、先進国を中心とした市場への優先的なアクセスである。 しかし、ブータンの場合、主な貿易相手国はインドであり、他の国との貿易はあまりないため、貿易筋書きはほとんど影響を受けない。

 LDCからの卒業は、国がFDI(外国からの直接投資)を引き付けることができる安定した政治的および社会的環境で、うまくやっていることを示している。

 しかし、国全体の人口密度が小さくなるにつれて、インフラを構築するための人口一人当たりの費用と、サービスを提供するための一人当たりの費用は、高くなる。ブータンは、他のほとんどの国よりもはるかに高い。これはわずか20億USドルの経済にとって、大きな課題になるであろう。

 3つの指標の1つである経済的脆弱性は、ブータンが水力発電に大きく依存しているため、大きな懸念事項である。 ブータンは公的債務の水準が高く、近い将来に資金破綻が続くだろう。

 しかし、明るい面では、第12次計画は卒業の飛躍を促進することが期待される。

 低中所得国になるために、公的開発援助(ODA)の様相と構成の変化につながる可能性がある。

 卒業した国は、多国間LDCに固有な資金援助を受けることはできない。 貿易では卒業によって、外国市場への免税適用ができなくなる可能性がある。

 移行期には、ブータンは途上国への円滑な移行を支援するために、国連からの様々な資金調達窓口を通じ、資金を利用することができる。

 しかし、インドや日本などの二国間関係の支持を今も有しているため、当面の影響はないと見られている。

 多国間開発援助パートナーの大半は、既に段階的に廃止されている。

課題

 卒業は1960年代からの長期構想のリーダーシップと計画の成果であると、ロティ・ツェリン首相は述べた。

 「私たちの先見の明のある国王が行った計画的なステップを、高く評価し、感謝しています」と彼は言った。 「政府は現在のところは卒業していない、というのが主な理由で、お祝いはしません」

 ブータンの1人当たりのGNIは2,277米ドルで、要求額は1,242米ドル(3年間平均)で、HAIスコアは2000年の45から現在67.9に改善した。 ブータンは3つの基準のうちの2つを容易に満たしているが、経済的脆弱性指数は依然として課題である。

 ブータンのEVIは、2000年の43.04から今日は40.2に改善された。 EVIが高いほど、国の経済的脆弱性が高くなる。

 ブータンは、2013年のGNH委員会(GNHC)のレビュー論文によれば、経済的基盤が狭く、対外貿易依存度が高いことに直面している。ブータンの経済は農林水産業の国内総生産(GDP)に占める割合が高く、貿易状況と自然災害の両方について、このことで強い影響を受ける可能性が高いことを意味する。

 「非常に脆弱な山岳生態系を持つブータンは、経済発展に悪影響を及ぼし、戦略的インフラの開発に大きな課題をもたらす自然災害が起きる恐れがある」とGNHC調査報告は述べている。

 貿易面では、ブータンは水力発電の輸出に大きく依存していると言われている。水力発電の輸出は、インドが独占的な買い手であることによって、深刻化した場合の水文(もん)学的および気候学的リスクに非常に脆弱である。

 「ブータンはしばらくEVIの卒業の基準を満たしているとは言いがたい。しかし、この勧告は、一人当たりの収入がほぼ3倍になり、2003年以来、ブータンは健康と教育において非常に良好な成績を残しているという事実に基づいている。

 しかし、卒業する国は、通常、卒業が成立する3年間の猶予期間が与えられる。 国がLDCのままでいるこの期間は、国とその開発貿易相手国がスムーズな移行戦略に合意できるように設計されているため、LDC状態からの計画的脱出が国の社会経済的進歩を妨害しない。

 ブータンは、1971年にUNGAがこの分類を確立して以来、LDCとして分類されてきた。

 ツェリン・パルデン

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template