4つの政党による党首討論

2018年8月27日 トップ記事

経験の重要性

 第1回党首討論会でのドゥク・プェンスム・ツォクパ党(DPT)(英語名:Bhutan Peace and Prosperity Party)のペマ・ギャムツォ党首の最初の党首討論の主張では、2025年までのDPT党の自信のあるビジョンを中心に論議し、与党と野党としての経験を証言した。
 DPTの党首によれば、過去5年間のDPTの政府で、平均8.7%のGDP成長率を達成して、アジア開発銀行はアジアで最も急速に経済成長していると、ブータンを評価した。 党首は、プナツァンチューとダガチュー水力発電プロジェクトを含む大規模プロジェクトの実施と住宅ブームのために、2013年のルピー問題は避けられなかったと述べた。

 「ブータンの農村には、我々の政府が建設した道路のために7,000台以上のボレロ(車種)があります。 PDP党の党首が道路を建設したという主張に応えて、我々の建設した道路によって、通信などさまざまな分野でサービスが改善されました」と、彼は述べた。
 DPT政府は、平等と正義というイデオロギーを実現することによって、貧困を24%から12%に減らした、と彼は語った。 彼は、DPT党が政府を形成するならば、党は貧困率を4%以下にすると約束した。
 前政府が進行中の水力発電プロジェクトを完成しないまま、新しい水力発電プロジェクトを開始したために、国は「展望2020年」を実現できなかった。
 政府が3年間で水力発電プロジェクトの発電を稼働させ、3件の新規事業を開始すれば、国の所得は倍増する。 DPTの党首によると、計画通りに政府がプロジェクトを完了していたならば、今日までに水力発電プロジェクトから約2,270億Nu.の収益が得られただろう。
 ペマ・ギャムツォ氏は、農業と観光部門は政策の検討を行って、さらに発展すべきだと述べた。 また、鉱業の利益を均等に分配するためには、政策を見直す必要があると述べた。
 彼は、ただお金とボレロ車を与えることで、地方自治体は力強くならないと言って、地方分権化が根づいたというPDP党首の主張を否定した。 「地方自治体は、決定を下す権限が与えられなければならない。 公務員は、政府からの明らかな恐怖のために、野党が呼び出す会議に、進んで話をしようとしない」と彼は言った。

 この党首によれば、メディアの自由は、PDP政府の在任期間中に悪化したという。 PDPの党首は、もし人々がDPT党首に呼ばれた会合で発言することを恐れていたならば、人々がDPT党首自身を恐れていたと答えた。
 ブータンの一人当たりの収入は、1970年代の300 USドルから、今日2,000 USドル以上に増加した。 これは、貧富の差が縮小していることを示している。
 DPTの党首は、自由で公正な選挙のために選挙法を全面的に支持するよう全員に求めた。 複数の政党の調和に影響を及ぼすと、ライバルの政党に噂を広めることを慎むよう、彼は政党双方に強く訴えた。
 政党は選挙利益だけのために、約束をするべきではない、と彼は言った。 「人々が自分で十分買えるものを約束し続けて、支払うことができる税金を差し控えてしまえば、我々は自立を達成することはできない。 自給自足を達成しなければ、我々の主権は影響を受ける」と述べた。

 DNTの党首は、新しい政党が政府を形成する時だと主張していたが、ペマ・ギャムツォ氏は、政府は未経験者の人々の実験のための、雇用と実験室の場所ではないと述べた。
 MB・スッバ

 --------------------------------------------------------------------------------------------

連続性の主張

  人民民主党(PDP:People’s Democratic Party)は、政府としていかに政治を行ったかを評価することは、有権者に任せている。
 昨日の党大会の議論では、PDPの党首であるツェリン・トブゲィ氏は、人々が前例のない社会経済開発、平和、繁栄、団結を享受していると語った。
 それが今日の人々の評価であるなら、党は継続に値すると彼は言った。政府が国民の期待を裏切っていた場合には、退陣が必要であると、彼は言った。
 彼は、人々によく奉仕する優れた政党はしっかりと根を下ろすべきだと述べた。 そのことを忘れた日には、人々はそれを根絶する力を持っていると、彼は言った。

 2つの新しい政党が主張しているのとは対照的に、我が国の民主主義が根を張り、この民主主義の成功は、世界で最も良い例の一つだと彼は述べた。
 PDPの党首は、政党の間にお金の力や恐怖が懸念されるならば、ブータンの選挙民は賢明であるので、秘密投票の価値を理解していると述べた。
 「心配しないでください。 私はすべてのブータン人を信じており、どの政党と候補者が人々に利益をもたらすか、人々が誤ることはないでしょう」とツェリン・トブゲィ氏は述べた。
 ワンツェ・チァフェル(訳者注:Wangtse Chirphel、第4代国王が作った言葉で、政治は人々が主役であることを強調する政治思想、PDPは、地方行政について、この原則を守ろうとしている。)の考え方はGNHを育て、特にゲオの人々を助けました。 そのため、2013年には人々がPDPのイデオロギーを信じ、その結果として第11次計画は大きな成功を収めました」

 ワンツェ・チァフェル(Wangtse Chirphel)の理念は、地方行政の人々に、より多くの権限、責任、および資源を与えて政治的な権限を強くしたと語った。 ツェリン・トブゲィ氏は、他の政党が地方自治体の能力に疑問を呈した一方で、PDPのイデオロギーがGNHの成果を上げたと述べた。「これまでに、国民がより豊かな繁栄と平和を享受したことは決してありません」と述べ、分裂と腐敗は在任期間中に決して起こらなかったと付け加えた。

 ワンツェ・チァフェルの考えは、少しずつ恐怖心を与えながら、公務員の特定の政党を支持してはいけないという原則を危うくしていると主張したDPTの党首に対して、年次業務公約(APA)については責任を負うと述べた。
 200万Nu.のゲオ開発助成金(GDG)は7,000件以上のプロジェクトをもたらし、 REDCLには3,700件以上の融資、セントラルスクールの設置、100ユニットの無料電力、地方税の免除制度を認可しただけでなく、公平をもたらし、地方自治体の能力が芽吹いていることを示していると、ツェリン・トブゲィ氏は述べた
 このため、第12次計画ではGDGを500万Nu.に増加し、各ゲオは2憶Nu.に相当するプロジェクトを開始することができて、地方政府がより力をつけることになるであろうと、彼は述べた。 「私は205のゲオを訪れ、すべてのゾンカクを5回訪問して人々と相談しました」と彼は言った。

 「セントラルスクールは貧困層に利益をもたらし、さらに200校を増やす予定であり、平等性は確保されている」と言った。同氏は、無料であることは、政府が平等性をもたらすために提供できる最低限のものであると、付け加えた。
「第12次計画が何を積んでいるかは十分に認識しているが、持続可能性を確保するには十分ではなく、PDPが計画を逸脱するのは、このためである」と述べた。
 メディアが報道を抑え込まれているという話題については、PDPの政府は、印刷と放送の両方の媒体について、彼らの報道を追及することを妨害することは、決してなかったと述べた。 「しかし、ダワ氏(元BBSジャーナリストでDNT候補)が泣き叫んで、政府によって解雇されたことを人々に伝えていると聞いた」と言われた。「しかし、BBS常務取締役と私が照会すると、彼は自分の意志で会社を辞めていた」と述べた。
 ツェリン・ドルジ

 ---------------------------------------------------------------------------------

 格差を小さくする変化を

 「2018年に政党または政府を変えられないと、2023年の選挙では、すべての政党が野党の役割で競うことになるだろう。なぜなら、政府に同じ政党が再び選ばれるならば、その政治は、変えられるように根が成長して、最終的に流血の対価を支払うことになり、変化が起こるだろう」 Druk Nyamrup Tshogpa(DNT)のロタイ・ツェリン党首は、昨日の最初の党首討論会で声明を発表した。

 これは、新党や政権交代ではなく、最高の党に投票することの重要性についての人民民主党(PDP)の党首の声明に対する発言である。
 ロタイ・ツェリン氏は、党は新しく、党のために働いている人々ではないと言った。 彼は、党のすべての人が国民と国のために良い意味があるので、どの政党の存在も悪いことはないと言った。 人々が最強で最高の政党に投票することが重要である。
 「今年は、人々がそのような政党に投票することを希望し、祈っています。なぜなら、優勢でないとしても、人々は、今日提示されている選択肢が欲しいと望んでいるからです」と彼は述べた。
 ロッテ・ツェリング氏は、政党が根付いてしまうと、将来的には選挙によって政党を置き換えることは難しいと述べた。 「2013年に政府が変わらなかったとすれば、今日は野党と戦っているだろう」

 DNTの党首は、党のイデオロギーとビジョンは、党の過去5年間の人々との協議の結果であると述べた。
 DNTの党首は、以前の2つの政府の任期中に、国が示した進展を認めるが、貧困者と裕福な者との格差は拡大しており、医療サービスを利用する上で最も目に見えると述べた。 「このために2018年のDNTの指針の原則は、持つひとと持たないひととの間のギャップを狭めることである」
 保健医療施設へのアクセスの格差は、経済や雇用の問題であろうとなかろうと、他のすべての分野における進展に影響を与える重大な問題である。 ロタイ・ツェリン氏は、これがDNTの健康のことを最優先課題としている理由であると語った。

 彼は、地方の一部の人々が、医療サービスを利用するための費用を支払うために牛を売っていると言った。 「これは格差です。患者の報告書や病気を調べるだけで、患者が農村部か、都市部の人であるかが簡単にわかる」と彼は言った。党首は、格差を狭めることは、持っている人から奪い取って、それを持たない人に与えることではないことを明確にした。
 彼は技術革新、勤勉、技能、才能によって金持ちになり、成功した人々を支援することは政府の責任であると述べた。しかし、腐敗によって裕福になるなら、それは受け入れられない。「単に説教するのではなく、GNHを実践しようとするならば、格差を狭めなければならない」と、ロタイ・ツェリン氏は話す。
 ロタイ・ツェリン氏は、DNTが政権を取るチャンスが与えられれば、失業や水問題などの国の問題は異なる政治戦略で解決されるだろうと述べた。
 ロタイ・ツェリン氏は、前政府が選出されなければ、100単位の電気代が無料にならないかもしれないと心配している人々についてのPDP党首の発言に応えて、人々はそれについてよく教育されていないためかもしれないと語った。

 DNTが選出されれば、国民と国の利益のために様々なプロジェクトを開始したことについて前政府に感謝し、一度は人々の望みでもあったので、自らが持っている可能性のあるプロジェクトとともに、それらを遂行し続けると述べた。
 国が55年間でできなかった医療分野の変革を、DNTが5年間の約束で、どのように行うのかというDPTに対する質問に、ロタイ・ツェリン氏は、これまでの党の指導者はそれが解決すべき問題であることを知らなかったのでそのよい機会がなく、医療サービスは発展していないと述べた。
 DPTの党首は、法律に従って問題を解決しなければならないと言いました。ロタイ・ツェリン氏は、保健サービスを改善するために法律の変更は必要がないと述べた。 保健サービスは病気のためであり、人々が病気で死にそうになって、法律に固執することはでない。 「私が政治に参加する主な理由は、保健分野における政策を強化することです」と述べた。
 デチェン・ツォモ

-------------------------------------------------------------------------------

大胆さと価値

 BKPのネテン・ザンモ党首は、終始、ぶっきらぼうで、さりげなく、大胆であった。 昨日の最初の公開党首討論で、彼女はゾンカ(語)で他の党首と同じように雄弁ではなかったが、その雄弁に欠けていたところは、大胆さで補われていた。
 彼女はすべての党首に、自らとその政党に関わるすべての人が法律を遵守し、清潔な選挙を確実に行うよう導く約束をすることを求めた。

 彼女の声明は明確であった-彼女はブータン人口の49%を代表し、成功した男性の後ろには、一人の女性がいることを再確認した。
 選挙や政治などにおいて、そして永久に、我が党は腐敗はしないと彼女は言った。
 BKPがクリーンな政治の優れた先例を確立し、分裂しないことは、違法な手段で人々を脅かす人々と戦うことを繰り返し要求していたことから明らかである。
 「BKPは独立しており、その決定に他の人から影響を受けない」

 彼女は、法律には悪いところがないと言ったが、主な挑戦は実施である。選挙管理委員会と地方自治体の指導者は、苦情が来るのを待つべきではなく、先を見越して行動するべきである。
 民主主義は国民の参加を意味し、政府はそうするための機会を創出しなければならない、と彼女は述べた。
 彼女は、お金や活動について話し合ってきたが、一般の人々は彼らの任務(mandate)を理解していないと述べた。 各政党の党首は、選挙で不法な手段に頼るべきではないことを、自分の党に明確な指示を与えなければならない。
 「勢いを増してきている危険な傾向について疑問を持つことは重要だ」と彼女は語った。

 ネテン・ザンモ党首は、それは党の文化にはないと言いながら、特定の政党を批判することを控えた。

「他の当事者を批判することはしないが、間違っていることは訂正する。 システムを修正することは重要である。 こうした問題を取り上げるための場が必要である」と彼女は語った。
 どのような手段を使っても、勝つことに重点が置かれているので、選挙が商売のようになった。 DPTとDNTの党首は、選挙での望ましくない行為の傾向について、彼女に繰り返し発言を求めた。

 ネテン・ザンモ氏は、例えばセントラルスクールについて、学校を建設して無料の制服を与えるのは簡単だが、問題は持続可能性であると語った。 2人の党首は、セントラルスクールについての腐敗と持続可能性の問題に関する彼女の発言に、さらに補足した。
 討論の終わりに向けて、彼女は立ち上がって質問しようとしたところに押し込まれ、爆笑で討論が断ち切られた。
 何の禁止条件もなく、参政権を行使できるように、より多くの人々に政治の知識を与えなければならないと、彼女は述べた。
 「人々が知らないわけではないが、正しい党を選ぶことを妨げる恐れや賄賂の要素があることを、私は思わざるを得ない」

 人々は10年の政治を見る経験を使って、政党を評価しなければならない。 「政府と国民に対する信頼を築くことは重要です」、大胆な訴えで議論を終わらせると述べた。 「あなたが心配しているならば、変化のために投票をしよう」
 ツェリン・パルデン

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template