我々は謙遜と献身をもって結果を出すよう最善を尽くした

2018年8月11日 ニュース

 ツェリン・トブゲィ首相が辞任に際し、過去5年間の政府の業績に対する彼の考えをクエンセルに話した。 以下はその抜粋である。

 全般的に、政府の最大の成果は何だと思いますか?

 黄金の玉座は私たちの国の魂であり、1世紀以上にわたって私たちの最愛の君主は国家の安全と主権を確保してきました。 2度目の民主的に選出された政府の最大の業績は、陛下が啓発されたビジョンに沿った私たちの国家の安全と主権の保護を継続することでした。 過去5年間は団結と平和が見られ、そのことによって、人々は安定、繁栄、調和を享受してきました。

 過去5年間に、政府が約束していた平均10%のGDP成長率を達成することはできませんでした。経済を強化する政府の努力に、あなたはどれくらい満足していますか?政府の最大の経済成果は何ですか?

 私たちは、私たちの政府が始まったときの経済の成長軌道に非常に満足しています。 2013年に政府を結成したとき、GDP成長率は2.1%、GDPは1,000億Nu. インフレ率は13.5%と高く、銀行ローンはいくつかの分野で凍結され、外貨準備は 最低の9億2,000万USドルでした。

 過去5年間で、私たちの経済は回復しました。GDPは1000億Nu.から1800億Nu.に増加し、今日のインフレ率は5%を下回っています。外貨準備は12億USドルに増加しました。 銀行は貸出を開始しており、平均貸出金利は13.5%から10.6%に引き下げられています。

 2013年に修正が必要な経済を継承しました。 過去5年間で、私たちはそれを修正しただけでなく、経済を復活させました。 今日、私たちの経済は良好な状態にあります。 しかし、プナツァンチューとマンデチューの水力発電プロジェクトは地質学的な理由で完成できなかったため、10%の成長率を達成できませんでした。 しかしマンデチュープロジェクトは今年完成され、営業運転できれば成長率は上がるでしょう。 さらに、私たちは2,250億Nu.の出費による最大の5カ年計画を公表し、成功裏にそれを実施し、多くの成果を上げました。

 水力発電市場を多様化して、我々がすべての卵を一つのバスケットに入れていると、社会の一部から指摘があります。ブータンとバングラデシュの間の水力発電に関する貿易の交渉では、どのような状況に達しているのですか?

 PDP(これまでの与党)の政府は経済成長の要因となる5つの宝石を発見しました。 5つの宝石とは、水力発電、小住宅・小規模産業、鉱業、観光、農業です。 5つの宝石を特定することは、人々が経済的利益を享受できるように、経済的優先事項を多様化するための重要な戦略でした。
 多様化は、水力発電そのもののエコシステムにおいても優先されました。
 ブータン・オートメーション・エンジニア会社はチュカで開始し、水力発電用の最先端の自動化システムの製造と供給を専門としています。

 ブータン水力発電サービス会社は、ゲレプのジグメリンで開始されました。また、ブータンのプロジェクトや輸出のために、水力タービンや水中部品を含む水力機械部品のサービスと製造を専門としています。
 建設開発公社(CDCL)は既に水力発電建設のためのトンネル工事を開始しています。
 バングラデシュとの水力発電貿易に関する交渉はインドを含む3国間協議であり、初期段階にあります。

 農業の発展は重視してきました。しかし、灌漑用水が不足しているという報告は、国のほとんどの地域に共通して、出されています。努力はどこで失敗したのですか?

 過去5年間に、2,600キロメートルの灌漑水路が建設されました。 灌漑水路を建設する大規模な工事は農業を大幅に強化し、農業生産を促進しました。 農業収入は、過去5年間で170億Nu.から260億Nu.に増加しました。 これは私たちの努力が失敗していないことを明確に示しています。 しかし、もっと多くのことをする必要があることを明らかにする必要があります。 このために、第12次5カ年計画では、灌漑と水を最優先事項として取り上げています。

  地方分権はあなたの党のスローガンでした。地方分権化計画の一環として、政府はすべてのゲオに200万Nu.を分配しました。あなたの地方自治体をさらに強化するために何が必要だと思いますか?

 人々の能力を向上させるワンツェ・チルペル(Wangtse Chhirpel)のイデオロギーに動機づけられて、地方行政により権限を委譲しました。 私たちは、ゲオ発展助成金(Gewog Development Grant:GDG)を設立し、これまでの計画に含まれていない活動に投資するために、4億1100万Nu.をゲオに割り当てました。 GDGの成功は、ゾンカク発展助成金(Dzongkhag Development Grant:DDG)の設立につながりました。 助成金の下で、各ゾンカクは、7百万Nu.と人的資源の開発のための500万Nu.を受け取りました。

 第12次計画の支出は、3,660億Nu.であり、うち3,650億Nu.は資本割当予算です。 初めて、中央予算と地方自治体に均等に資本予算が配分されます。 それぞれが5,800万Nu.を受け取ります。 第11次計画では、地方自治体は計画予算のわずか23%を受け取りました。 このことは地方自治体に大きな力を与えると期待されています。

 あなたは、前政権の時代に、インド-ブータン関係が影響を受けたと言われました。政府の任期の終わりに、あなたは、今日どのように、その関係が改善しましたか?

 近くの隣人として、ブータンとインドは、信頼と協力と理解に基づいて、常に優れた友情を楽しんできました。 この特別な関係は過去5年間でより一層強くなっています。
 2013年の初めての公式訪問から始まり、3週間前の最後の訪問まで、公式の仕事のために10回インドを訪れました。 過去5年間で、マンモハン・シン首相とその後のナレンドラ・モディ首相と親密に話しあう機会を得ました。 これは、インドでどの政党が権力を持っているかにかかわらず、ブータンとインドの関係は常に強いままであることを示しています。 インド政府の寛大な支援と協力は、第11次5カ年計画の成功に貢献しました。

 さらに、インドは経済を安定化を助ける経済刺激策を取ったブータンを支援しました。 また西ベンガルとアッサムなどの近隣の州との友好と協力の既存の関係がさらに強化されました。 今年2月、ブータン王国領事館をグワハティに開設しました。 また、ドゥクエアはグワハティからシンガポールへの直行便も運航する予定です。 要するに、ブータンとインドとの関係はますます強くなり、私はその強さがさらに成長し、永遠に続くと確信しています。

 任期中に政府が達成することができなかったことと、選挙の約束の中で達成できなかったことに対する、あなたの見解を聞かせて下さい?

 私たちは謙遜と献身をもって政治に最善を尽くしました。 私たちは経済を安定させ、すべての分野で有利な状況を作りました。 優先部門貸付(PSL)および農村企業開発公社(REDCL)を通じて受付窓口を作成し、貸出金利を引き下げました。 しかしそれだけでは十分ではありません。 私たちにはもっとたくさんのことがあります。 人々はもっと多くのことをする用意があります。
 私が心配している一つの特別な問題は、私たちの国で失業している若者のことです。 今日、国営企業(SOE)における約500の空席を含む多くの空席がありますが、求職者がありません。 一方、青少年失業率は10.6%と懸念されている。 これはまた、若い人たちがより高い志を持っていることを示しています。 私は、若い求職者の願望にマッチすることは、私たちの全体の責任であると信じています。 私たち全員がこのことにもっと頑張る必要があります。 将来の政府の雇用問題は、引き続き重要な優先事項です。

 あなたは以前に野党でした。野党に対するあなたの評価はどうですか?

 私は野党が憲法上の責任を果たし、私たちの最愛の君主が想像しているように、私たちの国の活気ある民主主義を確保するための監視と調和を提供する努力において、野党に拍手を捧げたいと思います。 支配政府としての私たちの側では、私たちは制度的に彼らと政治的に活動し、あらゆる機会に個人レベルで彼らに手を差し伸べました。

 法務特別委員会は、国会議員選挙の後、選挙委員会が巧みな駆け引きを禁止するよう勧告しています。特別委員会に同意しますか?

 私は、特別委員会の難解な仕事とその任務を遂行するための彼らの献身を認めたいと思います。この問題にコメントすることは私の特権ではなく、彼らの重要な勧告についての審議を先取りすることは望みません。

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template