予備選挙の運動が8月22日に始まる

2018年8月20日 トップ記事

 国は3度目の選挙が行おうとしており、各政党は8月22日に選挙運動をスタートさせる。
 9月13日に選挙運動は終わり、その2日後に総選挙に挑む2つの政党を選ぶために、865ヵ所の投票所で投票が行われ、10月18日に総選挙が行われる。

 選挙管理委員会は国会議院の記者会見で、8月18日に国会の第1次選挙を呼びかける通知を出した。
 国王陛下は8月17日に、第3次の国民議会の選挙を呼びかける勅令を発表した。
 選挙委員会の通知によれば、政党とその立候補者は、食事や軽食を提供することも、一般市民や有権者の選挙運動への出席に対して、報酬やギフトを与えることも、Tシャツや帽子などを生産、着用、配布することも行ってはならない。
 戸別訪問による選挙運動は、選挙運動期間中、午前6時から午後6時までの間にのみ許される。

 チョギャル・ダゴ・リジン選挙管理委員長によれば、訓練され、配属の準備ができている人材は揃っている。
 数多くの経験による学習を通じて、選挙管理委員会が有権者をより適切に援助し、選挙の有効性を高めるために制度を改善したと彼は述べた。
 「それは固定的ではありえないので、我々はフィードバックを期待して、可能な限り変更を加えた」と述べた。
 予備選挙の投票日がモンスーン期に入ると、雨による洪水や地すべりによる道路の閉塞が発生する可能性がある。選挙管理委員長は、投票日に災害が発生した場合には、その対策として、有権者の投票を可能にするヘリコプターの配備など、多くの選択肢を用いることができると述べた。
 「一票の投票も重要ですから」と彼は語った。
 政党の党首は、8月26日の最初の公開討論会で、それぞれの党の主張について、論戦を行うことになっている。この2回目の討論会は9月2日に予定されている。
 それぞれの選挙区の候補者のための共通の演説会は、8月27日から開始される。
 郵便投票により投票する人のために、選挙管理官は、8月22日以降、候補者からの変更を受け付けない。
 9月7日に郵便投票ボックスと移動投票ボックスが開かれる。これらのボックスは、指定された日に開かれる移動投票ボックスを除き、3日間開いている。

 投票日が10月18日に設定された総選挙では、候補者は9月17日に候補者登録を行う。
 両政党は9月22日に選挙運動を開始し、公開討論は9月25日から10月10日の間に行われる。
 この一連の選挙期間は、選挙の請願受付期間の完了とともに11月6日に終了する。
 一方、政党は、明日の午後5時まで、選挙管理委員会に候補者の立候補意向表明書を提出する。
 この書類は、ECBが発表した第3次国会議員選挙2018の予備選挙への立候補の意思を確認するものである。
 この書類には47人の候補者の仮リストを添付しなければならない。 政党は、ウェブサイトと、当事者のすべてのソーシャルメディアのアカウント、または政党のアドレス、選挙中使用される仮リストの候補者のアドレスを提出しなければならない。
 その他の提出文書としては、7月末の財務明細書、各ゾンカク内の党事務所のリスト、ゾンカクの登録されたメンバーのリスト毎の事務所無記名証券の詳細とその党のマニュフェストのコピーが含まれる。 仮リストに載っているすべての候補者は、利益を得ることはできない。
 選挙通知の電話をかけると、郵便投票の登録が終了する。
 ツェリン・パルデン

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template