ゲレプへのフライトは2月以来飛んでいない

2018年4月4日 トップ記事

 ドゥクエア航空会社は、飛行停止の理由に夜間の強風期間を挙げる:飛行は来月に再開する。

 2ヶ月以上国営航空会社ドゥクエアはゲレプへの国内航空を停止している。

 ゲレプへの飛行運営は、3ヶ月間の政府補助金による運営の後に、延期された。2年間の飛行停止の後、航空路は昨年の11月に再開された。

 この不規則な運用により、多くのゲレプの住民は失望しており、住民は国内線を信頼性の高い輸送手段と見なすことを諦めてしまった。 住民のひとり、ウゲンさん(47歳)は、飛行状況を追求される資格から外れていると語った。 「さらに、スケジュールに関する情報も得られていない」と彼は述べた。 「チケットを買うのも不便だ」

 居住者は、不規則な運用だけでなく、顧客が与えられるという選択にも不満を抱いている。 運航中であっても、ゲレプからの旅行者は滅多にチケットを取得できないと主張している。 航空機はヨンプラからの飛行で、ゲレプからの旅行者はほとんど利用できない。
 居住者のティンレィさんは、何度か利用しようとしたが、全く切符を手に入れることが出来なかったと言った。 「切符を買おうとする度に、売り切れたと言われた。切符の発布に関しては、我々は最後の選択肢を与えられているのにすぎない」

 ゲレフが空港を持っていたにもかかわらず、ここの住民はほとんど恩恵を受けていないと、彼は付け加えた。
 ゲレプに運航した最後の飛行は1月30日であった。2011年11月11日から1月30日まで、合計30便が予定されていた。 そのうちの21便が飛行され、他はキャンセルされた。

 11月中の7便は、ゲレプ到着の乗客79人と、ここから出発の71人の乗客を運んだ。 12月には、87人の乗客が到着し、60人がゲレフから飛んだ。 1月は6回の飛行で、合計85名の乗客が搭乗し、そのうち38名がゲレフに着いた。
 ゲレプにある航空運輸会社(DoAT)空港部の部長であるソナム・プンツォ氏は、この飛行が停止されたとき、その部門は何の連絡も受け取っていなかったと述べた。 今日でも、飛行再開に関しては何の情報も伝えられていない。

 「空港には何の問題もありません。この空港は確立されて装備されています」
その航空会社は一時停止する前に、火曜日、木曜日、および日曜日の週3回の運行を、1週間に1日から2日増やした。
 一方、フライトは政府の補助金で運航されているため、フライトの一時停止は乗客の数とは関係がないと、ドゥクエアのタンディ・ワンチュク最高経営責任者(CEO)は述べた。 「夜間の強風期間、ゲレプでの飛行は停止されている」と彼は語った。 「5月15日までに再開するであろう」

 彼は、2月から5月の間に、パロでは強い風が吹き、正午以降の飛行操作が妨げられると説明した。 「飛行できる時間が短く、うまく避けることができない」と彼は語った。
 ニアマラ・ポクレ| ゲレプ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template