ブータンミュージアム開館5周年事業     福井ライフアカデミー連携事業

幸せのまちづくりフォーラム

GNH(国民総幸福)の考え方を踏まえながら~

 最近、幸福度に関するいろいろなランキングが発表されています。今年3月に国連が発表した世界幸福度ランキング2017では、1位はノルウエー、日本は51位でした。また、ある統計によると、国内では福井県が幸福度NO.1というものもあります。これらは、それぞれ独自に幸福を測る指標を選択し、幸福度と称して数値化したものですが、果たして私たち日本人、あるいは福井県民の幸福度についての実感はどの程度のものなのでしょうか。そこで、ブータンが提唱するGNH(国民総幸福)の考え方も参考にしながら、私たち一人ひとりが生かされ、真の幸せが実感できる社会の在り方やライフスタイルなどを考えてみたいと思います。

 今やこのGNHの考え方は、世界各地で注目されており、日本では本県はもとより、熊本県、東京都荒川区、天草市など100以上の自治体や研究機関などで調査・検討され、そのいくつかの行政機関では、具体的な政策に取り入れられています。

201711/12日(日) 13:00~16:30

入場無料|定員100名|事前申込優先(当日余裕があれば入場可)

※申し込みは下記連絡先へ電話、FAX、e-mailでお願いします。

会場:ブータンミュージアム(福井地方裁判所斜め前) 2Fホール

当日は、フォーラムおよびブータンミュージアムの入場は無料です。

第一部

13:00 ~ 13:10 開会あいさつ 

13:10 ~ 14:40 基調講演 「GNHを活かす地域を育てよう-幸せ実感を高めるまちづくりの実践を中心に-」

           講師 草郷孝好氏 (関西大学社会学部教授、社会システムデザイン専攻)

 

第二部

14:55 ~ 16:15 フォーラム ~幸せが実感できる地域づくりのために~

    出席者 草郷 孝好氏( 同 上 )

清川 忠氏 (福井県社会福祉協議会会長、清川メッキ工業株式会社代表取締役会長

江岸 徹氏 (福井県・福井市公民館連合会長、福井市木田公民館長、元明道中学校長)

恒本 明勇氏 (水辺と生き物を守る農家と市民の会会長)

月原 敏博氏 (特例認定NPO法人幸福の国理事長、福井大学国際地域学部教授)

    コーディネーター 栗原 哲朗 氏(特例認定NPO法人幸福の国理事・事務局長)

16:15~16:20  閉会あいさつ

 

主催 特例認定NPO法人「幸福の国」(ブータンミュージアム)

910-0005 福井市大手3-15-12

TEL : 0776-26-0554 FAX0776-22-0011 Email:bhutan-npo.asia

後援  福井新聞社

駐車場について:  ブータンミュージアムに駐車場はありません。近くのコインPなどをご利用ください。

ブータンが提唱するGNH(国民総幸福)とは?

  ブータンは、これまでのGDPなどで数値化される経済的な発展を最も重視するのはなく、GNH(国民総幸福)で測られる国民の幸福を最も重視することを国の基本理念として掲げてきました。GNHを政策に具体的に反映させるためには、国民の幸福の程度を数量化して、比較する必要があります。国民の幸福を数値化するために、国民の幸福とは何かという基本的な問題を解明する必要があり、そのための調査・研究が続けられています。

 これまで、世界中の経済学者が、幸福になるためには物質的な発展を遂げることが必要だと言ってきました。しかし、第四代国王(前国王)は、ブータンは物質的な成長を積むことが必ずしも幸福と結びつくわけではない、ブータンにとってはGDPが豊かであることが必ずしも幸せではないが、幸せであると段々豊かだと感じるようになる、と主張しています。一般的な発展が、経済成長を最終目的として強調するのに対し、GNHの概念は、人間社会の発展とは、物質的な発展と精神的な発展が共存し、互いに補い合って強化していったときに起こるものだ、という考えに基づいています。

ブータン王国の概要

  人口:約70数万人、面積:ほぼ九州の大きさ、公用語:ゾンカ語・英語、民族:チベット系・東ブータン先住民・ネパール系など、宗教:チベット系仏教・ヒンズー教など、政体:立憲君主制、主要産業:農業・林業・水力発電、一人当たりGDP(2,380米ドル、2015年世銀資料)、その他:昨年、日本との外交関係樹立30周年を迎える。

 

氏 プロフィール

1962年愛知県岡崎市出身。関西大学社会学部社会システムデザイン専攻教授(人間開論)。東京大学経済学部卒業。学生時代から住民参加型の社会経済開発と持続的発展に興味を持つ。民間企業勤務後、米国スタンフォード大学で修士号、ウィスコンシン大学マディソン校にて博士号(開発学)を取得。世界銀行、明治学院大学、北海道大学を経て、大阪大学大学院人間科学研究科准教授。国連開発計画開発政策局上級貧困削減政策アジア太平洋地域アドバイザーとしてバンコクに2年間駐在。

著書に『GNH(国民総幸福) みんなでつくる幸せ社会へ』枝廣淳子・草郷孝好・

平山修一/共著 海象社(2011年)など。

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template