TCB、新たなウェブサイトとディレクトリのスタート

2017年9月28日 ニュース

 昨日の「世界ツーリズムの日」に合わせて、ブータン政府観光局(Tourism Council of Bhutan:TBS)は、ウェブサイトとブータン2017ツアー・ガイドディレクトリを改訂した。

 2018年度グリーンホテル認証への関心を寄せている15のホテルのリストが発表された。

 国家環境委員会(NEC)と他の関連のある経営企業と協力して、TCBはグリーンホテルガイドラインを開発した。ガイドラインは、日々の運営や経営がグリーンと言えるように、ホテルを持続可能な事業に導き、設備を整備することを目的としている。

 改善されたウェブサイトwww.bhutan.travelは、可能性のある訪問者が情報を集めて、ブータンへの旅行計画を立てるための主要な手掛かりとして役立つであろうと、TCBの職員は述べた。「それは、ブータンに興味を持つ相手に、ツアーのパッケージとイベントのサインアップと登録する経験の機会を与えるであろう」

 観光業助手職員ツェリン・ウォンチュク氏は、ウェブサイトは旅行代理業者がオンラインで登録できる追加の機能を持っていると述べた。「これまでのように、登録のためにTCB事務所に出向いたり、先にTCBに要求したりする必要がなくなった」

 旅行代理業者ウェブサイト上で、ツア・パッケージを宣伝が可能で、アップロードをすることもできると、彼は言った。「ゾンカクとイベント企画者は、そのゾンカクに旅行業の恩恵を持ち込むために、イベントや旅行業商品を提出またはアップロードするサインアップをすることができる」

 旅行業事務所長ティンレィ・リンジ氏は、「限られた資源で発展する国として、旅行業は多くの必要な外資交換、歳入の発生、若者に対する仕事の創生、などをもたらしている。それはまた、地域社会の発展に重要な役割を果たし、市民のクオリティ・オブ・ライフの改善に重要な役割を果たす」と述べた。

 「高品質、低い衝撃、自然と文化の遺産に焦点を当てた政策のおかげで、観光業の魅力は今日まで一般に劣化させることなく、健康な形で保存されてきた」と彼は言った。

 NECの次官であるチェンコ・ノルブ氏は、ブータンのような山国における持続可能な観光業は、知識と情報の共有に依存している、と述べた。「サイロの中で働くように、周囲をよく見ない観光業のやり方は、何も役に立たない。我々のような小さな社会においては、末永く健全な生態系を維持することが可能であると私は言いたい」

カルマ・チェキ

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template