講演会:ブータンのこれからの教育と情報通信技術

2016年2月7日(日) 13:30 -16:00

 ブータンミュージアム 2階ホール

                  主催 ブータンミュージアム(NPO法人 幸福の国)

                  共催 放送大学ブータン研究会

                  後援 福井県

    参加費無料     

 インドの北部の高峻なヒマラヤ山脈にかかるブータンは、国の発展指標をGNH(国民総幸福度)として、国民全体の幸福度を高めることを目差しています。教育政策においても、GNHの推進に取り組んでおります。

 このたび、放送大学の招きで、ブータン王立大学シェルブッツェ・カレッジ学長以下3名のスタッフの方が来日されますが、来日中に福井への訪問が実現することになりました。学長から、ブータンのブータンの教育事情、とくにこれからの高等教育のあり方と、情報通信技術を活用した遠隔教育についてのご講演いただけることになりました。

 ブータンや日本の今後の教育のあり方を考えるとともに、両国の間の交流を深めるためにも、有意義なお話しであろうと思います。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

講演1

  題目:GNH社会の実現に向けた高等教育の役割と情報通信技術

  講師:ツェリン・ウォンディ学長、ブータン王立大学シェルブッツェ・カレッジ 

 

講演2

  題目:GNH社会に向けた公開遠隔教育の可能性

      -放送大学の経験を踏まえて-

  講師: 河合明宣教授、放送大学

この講演会に先立ち、シェルブッツェ・カレッジの3名の方の講演を混じえた同じ趣旨の講演会が、東京で行われます。

その講演会のプログラムは、放送大学のホームページからご覧になれます。 放送大学での講演会のプログラムへ

 

 

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template