わが国のGNHの状況

2016年7月6日 トップ記事

議会:ツェリン・トブゲィ首相は、昨日、2015年のGNH調査に重視しながら、国の状況の報告を議会で行った。

 国の状況とは、今日までの政府の活動と国の進展、成果と挑戦についての年次報告である。

 およそ3時間にわたり報告を発表し、首相は、4代国王から世界に賞賛されるGNHを我々は贈ってもらった、と述べた。「我々が、自国でGNHを実証することは大切で、我々は真剣に結果を出さなければならない」と彼は言った。

 首相はGNHの重要性を述べ、GNH調査の総合的な結果に基づいて、今年度の発表すべき報告を選んだと述べた。「これは政府の中間報告ではなく、国内のGNHの状況の報告である」と彼は言った。彼はいくつかの重要な計画については、報告する積もりはない、と付け加えた。

 首相は、健康、教育、生活水準、地方の発展、女性と雇用について触れた。また首相は、水力発電、農業、観光産業、小住宅、小産業と鉱物資源の5つの重要産業について報告した。

 首相は、今年度の重要性を指摘しながら、特別な年について報告できることを栄誉なことであると述べた。彼はまた、11次計画に対して、絶大な支援を受けたインド政府に対して感謝した。

健康

 首相の報告の中で、GNH調査は人々の健康が改善されたことを明らかにしている。「我々の人々の幸せのために、無料の健康管理システムを継続し、強化していくことは、政府の責任である」と彼は述べた。

 これを実現するために、全予算の8.69パーセント、または45億が、今年度の保健部門に割当てられた。人々はより長く、より健康に生きることができるようになったが、自殺者の増加が気がかりなことである、と首相は述べた。「2015年GNH調査で、自殺しようとする人の数の年増加率は、全年の17%から、2015年の21%に増加した」と彼は言った。{訳者注:元の文章で、このパーセント表示が何を意味するか明記はなく、「年増加率」としたのは訳者の判断}「これは、GNHの国とは相容れない」

 政府は、そのために、自殺者の増加対策として、国家自殺防止行動計画を立ち上げた。

教育

 正規化された(net adjusted)小学校就業率が99%で、今日ほとんどの子供が学校に通っていることが報告できて嬉しいと、首相は述べた。入学前予備教育課程(pre-primary)に入った生徒の約72%がクラス10の学年を修了している。

 今年政府が重点を置くことは、教育の質を改善することである。このために、2016-17年度の総予算の20.05%または109億ニュルタムが割当てられた。「学校の改革は進行中であり、教育分野の2つの大きな改革は、セントラル・スクールの設置と教師の能力開発である」

 国全体には、539校の学校があり、そのうち35校が私有で、504校が政府所有のものである。たいての学校は適切な教師がいないし、特に小さな田舎の学校は、教育に必要な資源がない、と首相は報告した。それに96の拡張教室課程があって、その各々の教室は、1人の教師で面倒を見ている。

 セントラル・スクールの設置は経費がかかるが、今年だけで、政府はセントラル・スクールに29億7600万ニュルタムを予算に当てた。「いなかの子供たちが、この崇高な取組みから恩恵を得ているので、投資のやり甲斐がある」と彼は言う。「さらに教育の質の改善の世話をする学校は少ないであろうから、この取組みは、長い目で見れば政府にとって、安上がりになるであろう」

 539の学校に、今日8,607人の教員がいて、たいていの教員は、困難な条件で、地方の学校で働いている。2015年度において、「一人の生徒に一人の教員計画」の一巻として、2,668人の教師が、4,447人の生徒の特別な世話を行った、と首相は述べた。目的は、問題のある子供や、ドロップアウトの危険のある子供を救うためであった。

 首相は、教育の質を改善するために重要なことが、教師としての専門性開発の必要性であると、指摘した。教師の専門性開発のために1億1700万ニュルタムが予定されていることを付け加えながら、「2016年度は、『教師発展の年』と宣言された」と彼は言った。

 政府は、増加する後期中学校(Higher Secondary School)の卒業生を収容するブータン内の高等教育機関を大きくしようとしている。毎年、8.855人の生徒が後期中学校の課程を終了する。その中で、約4,000人がブータンで学び、残りはブータンの近隣国、特にインドなどで勉学する。

 我々の子供が外国のカレッジで受ける教育の質が良ければ、余り問題はない、と首相は言う。「しかし、多くのブータン人の学生は、現在低いレベルのカレッジで学んでいる」と彼は言った。そのため政府は、現在存在するカレッジを拡大し、新たなカレッジをスタートさせようとしている。

 3つの新たな私立のカレッジもまた、原則的に新設を承認した。

 生活水準

 人々の生活水準は、最近の5年間で著しく高くなったと、首相は報告した。例えば、2010年では、87%の家庭で携帯電話を使われていたが、今日は98%の家庭が携帯電話を持っている。テレビの家庭での所有率も、51%から75%に伸びた。同様に冷蔵庫の各家庭での所有率も、33%から54%に増えた。一方、自動車の所有率は18%から24%に伸びた。

 GNH調査によって示されているように、97.7%の人々が、家庭での安全な飲料水の入手が可能であり、68%の家庭が改善された公衆衛生施設が利用できる。同様に99%の家庭が、配電設備からの電力を利用できる。地方の未だ送電施設のない家は、工事計画中であるか、厳しい地形、農道の未敷設、厳しい気候などの原因で工事が遅れているかである。

 全部で85,261戸の住居のうち、76,535戸の住居は、屋根には亜鉛メッキの波板鉄板(CGI)が使われていて、生活水準は著しく良くはなってきている。「しかしながら、住居のコストが時間とともに上昇して、インフレーションが商品やサービスの価格を引き上げ、低収入の多くの人々に生活困難がもたらされている」と首相は述べた。

 今年のGDPの成長として政府は8.4%が計画されているが、財務省は2016年度のGDPの成長を7.7%としていると、首相は述べた。「我々の経済はうまくいっているが、我々は満足している訳にはいかない。経済の基盤が弱くて、経済が小さいので、我々は余分の警戒が必要である」

 今日目立ったローンの総額は1,400億ニュルタムで、その75%が水力発電のローンである。現在、貿易赤字は328億800万ニュルタムである。この赤字は、外国からの資金援助でカバーできる額を超えており、結局は持続可能なものではない、と首相は述べた。

 地方の発展

 GNH調査によると、地方の人々は都会の人々より、幸せではなく、貧困は地方の地域で、より深刻である。国民の70%の人が、地方の地域に住んでいるので、このことは懸念材料である、と首相は言った。「地方-都会間の移住は、このことと関連して増えており、グントン(空き家屋)の数が増えつつある」と彼は言った。 

 首相は、政府は地方の発展に焦点を当てて、そのためのいろいろな政策について報告している。それらの分野は、電気、道路、農場市場、携帯電話の接続エリア、ゲオク銀行と地方におけるビジネス振興などである。

  政府サービス

 GNH報告は、例えば、教育や保健部門、汚職の摘発と仕事の創生の分野など、政府のいろいろなサービスに、ある人々たちは心良く思っていないことを示しているので、これは心配の種であると、首相は述べた。「人々は、政府のサービスが自分には届いてはいない、と感じている」と彼は言った。

 首相はまた、政府は政府行政管理システム、政府の市民サービスと地方分権などの3つの方法で、地方行政サービスの改善を図るために、政府は一致団結した努力をしようとしていることを、報告した。

 

女性問題

 公務員における拡張産休、すべて政府事務機関と早期幼児ケアと発育(ECCD)施設においての保育所の立ち上げなどは、働く母親と子供の利益のための事業である、と首相は言った。「ECCDセンターは、幼児の発育のためばかりでなく、母親にとっても大きな助けになる」と首相は述べた。

 

 特殊な専門部会が、いかに、またどんな栄養補助食品が、女性や子供に必要かについて、可能性を研究している。「まず最初に、政府が期待される母親と、母乳を与える母親を注目するであろう」と彼は言った。

 結びの言葉として、首相は、国王のビジョンを一緒に成し遂げるよう、国民が働くことの必要性を強調した。

 2015年の調査報告の発表は、政府にとってタイムリーであったと、彼は言った。「政府任期の丁度真ん中で発表され、その調査の結果を使用するためには、よい時期であった」

 調査は政府が考慮しなければならないことに対して、有意義な答を与えてくれたと、首相は述べた。「その答を大切に受け止め、政府の政策や計画を改善するために、政府は一生懸命働くであろう」と、首相は述べた。

  キンガ・デマ

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template