公務員の採用ポストの増加

2016年8月1日 ニュース

雇用:公務員の採用ボスとが2015年に比較して76名増加したと、王立公務員委員会(RCSC)が発表した。

 工学、学士資格の医学と外科医学(MBBS)、農学、森林学、畜産学を含む、医学と技術分野の部門において、282の最高の採用ポストの数である。医学と技術分野の部門の採用ポストの数は、2年連続で増加しており、昨年で約210に増加した。

 しかし、国は学校における教師の不足になっているにも拘らず、教育学の大学院(PGDE)に対する採用ポストの数は、2015年の148から140に減少した。財務管理、行政と国の法律の分野での大学院卒対する採用ポストの数は、76の空席で余り変わっていない。

 技術的部門において、158の採用ポストが、医者、看護師、伝統医学、歯外科のような医学的分野に割り当てられている。一方、建築学、土木工学、地質学、都市計画、情報技術などの技術的学士には、72の採用ポストがあり、農業、森林学、獣医と動物管理などに52の採用ポストが割り当てられている。

 今年、2015年に35名であった医師の新採用数が54名に増加した。今年公務員として、昨年より19名より多くの医者を採用したことになる。

 医療の分野で、看護師と歯科医師はそれぞれ31名と16名の卒業生を採用する。

 技術の分野では、土木工学で最高の32の採用ポストを作り、情報技術分野で12の採用ポストを作った。技術系の卒業生では、統計学、環境科学、法医学と映画館技術などは、各1名ずつの採用空席を作った。

 PGDE資格者で140の採用空席が発表されたが、ビジネス分野では、たった2つのポストがあるのみであり、一つは会計士であり、もう一つは商業である。残りの138の採用ポストでは、49が英語、歴史と地理学を含む教養科目で、21のポストに対して委員会は、ガイダンスとカウンセリングを当てた。

 財政管理に30名、行政に36名、国の法律お10名を当てたが、これらは昨年と同じである。

 RCSCの最近の発表では、MBBSと、総合医学と眼科学の専門的な資格者は、予備試験は免除される。これらの資格者は、9月30日に予定されている本試験のために、資格証明と応募確認をレボートで提出で済ますことが出来る。

 他の卒業生のための予備試験は8月7日から始まる。

 テンパ・ウォンディ

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template