2,659名の卒業生が予備試験を合格

2016年8月25日 ニュース

平均的に少なくとも5名の卒業生が1つの公務員の空席を競うことになる。

 成績:8月7日に行われた予備試験(PE)を受けた3,536名の大学卒業生のおよそ75%が50%の成績で、本試験の受験資格以上の成績であった。

 王立公務員委員会(RCSC)は昨日、2,659名の卒業生がPEをパスしたと発表した。

 王立ティンプー・カレッジの卒業生タンディ・ツェリンさんは、今年の予備試験の問題は、

過去の問題に比べて易しかったと述べた。

 ソナム・ツェリンさんは、PEを受けるのは2回目であるが、今年の問題解答やデータ解釈は、より易しかったと言った。

 45名のMBBS(医科専門)課程卒業生を含む2,704名は、8月29日から9月16日までの期間で、ティンプーのクズーFMコンパウンドで行われる本試験ののために、個人的な書類の立証と確認の報告をしなければならない。

 卒業生は、先月委員会が発表した公務員の498の空席に対して競うことになるであろう。このことは、平均して少なくとも5名の卒業生が今年の公務員の1つの枠に競合することになる。

 RCSCの職員の話しでは、PEの結果を調べたい志願者は、資料毎に300ニュルタムを支払って申し込めば、結果を調べることができると、述べている。そのために、8月24日から30日の間で申請しなければならない。再調査の書類の結果は9月2日にRCSCのWebサイトで公表する。

 昨年度は、3,322名の卒業生がPEを受験して、1,631名が本試験に臨んだ。

 デチェン・ツォモ

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template