選挙制度の抜け穴が候補者に影響を与える

2016年8月28日 トップ記事

LG:2次の地方自治(LG)に向けてチオク会議(ゾムドゥ)が続くので、選挙法と過程の抜け穴が明らかになった。

 ガサのカマエ・ゲオクの中のダムジ・チオクにおける会議(ゾムドゥ)が最近開かれ、前僧侶のキンレィ・ペンジョアさんが地区長に指名されるよう選ばれた。しかし、幸運はしばらくだけだった。

 その会議の4日後、ブータン選挙委員会(ECB)から電話を受け、彼が、ブータン・クエン-ニアム党(BKP)のメンバーに登録されていると伝えられた。政党のメンバーは、LG選挙に出る資格が失われる。

 キンレィ・ペンジョアさんはその党が、彼のことを知らずに、メンバーに更新してしまったと主張している。「私は、私の委員登録を更新はしなかった」と彼は言った。

 BKPの綱領によれば、党の登録は毎年更新されなければならないことになっている。

 彼は、彼の登録は、自動的に削除されると思っていた。「私は、BKPの総書記に電話して、私が党のメンバーであることを確認した」と彼は述べた。

 しかし、総書記カルマ・ジンバ氏はその時、メンバーは脱会のためには党の事務所に書面で申し入れないといけない、と言った。「メンバーは自動的に脱会にはならない。党の事務所に申請しなければならい」と彼は言った。

 総書記によれば、ECBはメンバーの名前を、党の推薦によってのみ除名する。

 BKPの綱領は、登録されたメンバーについては、党の事務所が書面での連絡によって、党の登録を削除する、と述べられている。

 しかし、またその綱領は、「毎年同じ予め決められた期間の間に、年間会員費が送金されることによって、メンバー登録が更新される」と述べている。綱領はまた、もしもし年間会員費がこのような要求から30日以内に支払われなかったら、しかも有能な党の権威者がこの締切日を延長しない限り、登録は削除されると述べている。

 キンレィ・ペンジョアさんのゾムドゥでの立候補がなければ、他の候補者が、その最後の機会となる一人の学士がいる。もしそのゾムドゥの前に精査が終われば、その問題が大きくはならず、その学士はチオクから指名される良いチャンスを持ったかも知れない、と彼は言った。

 「今は共にその機会を失った」と彼は言った。「ECBと選挙法に問題がある」と、言った。また、付け加えて、委員会はゾムドゥの前に彼の党員登録を立証すべきだったとも言った。

 また、もし彼の候補の資格なしが確認されれば、チオクは指名なしとなるであろう。

 ガサの選挙事務所のカルマ・ツェリンさんは、候補者が指名用紙に申請しなかったとして、最終決定はなされなかったと、言った。最終決定は、指名用紙の申請を受けて、(リターニング・オフィサー)委員によってなされるであろう。

 (リターニング・オフィサー)委員ウゲン・チョフェルさんは、「その候補者は指名には来なかった。キンレィ・ペンジョアさんは指名用紙に申請しそうにない」と言った。

 選挙法によれば、政党のメンバーは、選挙に立候補する資格を得るために、1年間の冷却期間を置かなくてはならない。

 選挙法の178条で規定されているように、基準を満たすチオクの投票有権者は、候補者に指名される資格がある。地方行政選挙手引き2016によるECBの戦略によれば、候補者は、選挙権威者によって、候補者に必要とされるあらゆる基準状況について限りなく問われるであろう。

 これは候補者として指名を志願する人の資格を決めるためである。しかし、法律はすべての指名に必要な書類を会議の期間に作るべきと規定はしていない。

 候補者の書類や詳細の調査は、会議後の指名過程でのみなされる。このシステムは、投票者がすべての必要な書類を持たなくても、候補者として立候補が可能であるとしている。

 このような問題は、2011年の最初のLG選挙でも報告されていた。チランのチオクの二人の候補者のうちの一人が、ゾムドゥで選ばれたが、後で、資格なしとなった。

 指名の過程について、ゾムドゥで選ばれた候補者は、指名書類を完成し、(リターニング・オフィサー)委員に提出すべきである。ある候補者は、会計検査のように書類を処理されると思って、ゾムドゥで満足してしまう。

 そのうちに、投票者と候補者は、会議(ゾムドゥ)での決められた投票の時間不足のような、選挙過程での他の欠陥を指摘する。ツォリンカのゾムドゥの一つで、候補者は、2,3票で対抗者に負けた。

 しかし、それより多くの投票者が、投票結果が発表された後に、現れてきた。投票が締め切られた後に現れた投票者の多くは、落選した候補者に投票しようとしていた。

 ある候補者と投票者は、(ゲオク会議への代表者)ツォグパ候補者の資格として、少なくとも指名を支持しているチオクの有権者の5%の署名が必要であるとしたことを賛成していない。署名は少なくとも5つの異なった家族から集めなくてはいけないし、有権者や家族は1人より多い指名をしてはいけない。

 プナカからの有権者は、資格は不合理であると言う。「ツォグパ候補者が、指名の資格として署名を集めるというのは、完全に不合理である。有権者は投票のとき、その人の投票をするであろう」と言った。

 しかし、可能性のある候補者が、そのチオクで適当な数の投票者がいないために、必要な数の署名が集められないとすれば、関係者は、すぐにECBに指示を申し立てるであろう。

 MB・スッパ

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template